HOMEへ戻る施工例コンセプト組織概要お問い合わせ
トップページ会社概要
奈 義 町 森 林 組 合   株式会社奈義森林建築センター

 戦後だけでも既に半世紀,拡大造林を再造林をと,苦難の中で先輩達の残してく れた貴重な遺産,そして今後収穫時代に入り国産材の潜在的供給量が大きく確保で きたとき,その「需要・拡大」 「国産材の復権」 をとこれ程叫ばれながら,その実 態は・・・材価低迷は恒常化、更に需要減退と余りにも厳しい現実であります。

 組合発足間もなく,直営製材の加工材使用による住宅等の委託施工,年次需要も 増加し木材加工品の販売窓口として,昭和47年㈱奈義森林建築センターを設立。 (役職員・専任技術者等すべて森林組合職員の出向又は兼務。資本金も全額森林組合 から)


㈱奈義森林建築センターの概況
創立       昭和47年設立(昭和38年より森組製材加工事業の中で建築委託施行等着手)

資本金      1,000万円(森林組合全額出資)資本準備金等1億円

代表取締役    奈義町森林組合長.外取締役森組理事4名 職員2名

主要職員     専任建築士2名

現場技能者    大工工事技能者5名(厚生年金・社会保険など全て加入)


受賞等
平成9年11月  農林水産大臣賞  岡山県知事賞
         第37回農林水産祭参加.岡山県・山陽新聞社共催
         第37回岡山県農林漁業近代化表彰(林業部門)

平成9年     岡山県知事賞   岡山県勝央地域木造建物コンクール 首位入賞

平成10年    岡山県知事賞   岡山県勝央地域木造建物コンクール 首位入賞


奈義森林建築センター沿革

昭.36     建築工事の木工事部分の委託施行に着手
        (建築工事の徹底した研究)

昭.40     建設工事の委託施行:年間10数件(増改築を含む)
        (公共木造建物工事の木工事の一括施行)

昭.44     建築工事の増加にともない建設業法の適用について検討

昭.46     建築工事の新築増改築施行年間20件

昭.47.5    森林組合通常総会で建築工事施行の会社設立の承認

昭.47.8    会社設立.名称:株式会社奈義森林建築センター
        役職員・選任技術者全て組合職員出向
        資本金も全額森林組合出資
        資本金 1,000万円

昭.47.12   建築業許可(一般建築業)

昭.47以降   現在まで、住宅を中心に神社・仏閣などを含め、1,000戸の木造建築を施工


奈義森林組合の主要施設
(1)機 械 設 備
              製材加工施設等

              1,100型全自動送材車付帯鋸1基木材乾燥設備(低温除湿)1式
              1,100型自動ローラー付(縦横装備)1基水圧皮むき施設1式
              900型帯鋸(手押)1基ミニプレカット設備(第二工場)1式
              カッター式バーカー1基ツイン丸鋸製材機(角びきくん)1基
              その他製材施設1式7軸モルダー1基
              丸棒切削加工機1基木工施設(木工ロクロ他)1式
              オガ粉製造施設1基プレカットライン施設(在来軸組工法用)1式

(2)建物18棟     事務所・車庫・加工場・木材倉庫・機械保管庫・種苗集荷倉庫・倉庫
              建材倉庫等・木材乾燥室・製品保管倉庫・大工作業場・第2工場
              モルダー工場・小径木製材作業所・間伐材使用モデルハウス・焼却炉
              木工作業場・プレカット工場・書庫

(3)車両 23台    7tトラック1台・4tトラック2台・3.5tトラック1台・バン2台
              2tダンプ3台・人員輸送車5台・1t及び軽トラック7台・乗用車

(4)林内作業車     クローラ2台・キャタトラ1台

(5)その他       フォークリフト2台 ・ スカイキャレージ1台 ・ 集材機 3台

(6)高性能林業機械   プロセッサー2台 ・ グラップル3台 ・ フォワーダー2台

(7)敷地        構内敷地面積 約12,700㎡  貯木場全面舗装 6,000㎡

株式会社 奈義森林建築センターのページの全てのコンテンツの著作権は、奈義町森林組合および奈義森林建築センターにあります。 また、各コンテンツにおいて公序良俗に反しない目的での転載・引用については、原則として行っていただいてかまいませんが転載等の場合には、必ずメール(info@nagi-shinrin.net)でご確認くださいますよう、ご協力お願いいたします。