HOMEへ戻る施工例コンセプト組織概要お問い合わせ
トップページ住宅建築の基本理念(居心地の良い住まいの提供)


国産木材を使用した家つくり


よく、木の家は「ぬくもり」を感じるといわれる方々がおられます。
ぬくもりを感じるのはもちろんなんですが、それだけではない「木の家」の良さをここでさらにご紹介します。


1・耐震構造の安定性

木材は軽くて強い材料(比強度が最も高い建築材料)です。近年は実大振動実験などにより木造住宅の耐震性の高さが実証されてきています。

2・ECOに配慮する人のための温熱環境

住宅も省エネが必要条件。木の家ではまず構造材として木材自身が金属(鋼材)等と比較すると断熱性に富むことがあげられます。いわば木という断熱材に囲まれて暮らしているといえます。そして他の断熱材を補いながら、冬暖かく、夏快適な室内環境をつくることができるのです。

3・空気環境

木材には天然木の香の効用に加え、木材特有の調湿性があります。吸湿と放湿を適当に繰り返し、室内環境の湿度を自然に調整してくれるのです。

4・紫外線等の視環境

紫外線は人に有害だといわれています。近年では化粧品や衣類などにも紫外線をカットする効果が備えられています。実は木材にも紫外線吸収、反射防止などの効果があるのです。目にも木は優しい素材です。

5・騒音対策への配慮

石やコンクリートなどの硬い材料では音をはね返しやすく反響します。一方、木材では適度に音を吸収し、音が美しく響くなどの効果があります。劇場やホールに木の内装材が用いられるのはこの性質と肌合いを活かすためです。



この他にも「木の家」の利点はまだまだたくさんありますが、日本の長い歴史を見てもお分かりいただけるように、「木の家」は日本の風土に最も適した建築材料といえます。
株式会社 奈義森林建築センターのページの全てのコンテンツの著作権は、奈義町森林組合および奈義森林建築センターにあります。 また、各コンテンツにおいて公序良俗に反しない目的での転載・引用については、原則として行っていただいてかまいませんが転載等の場合には、必ずメール(info@nagi-shinrin.net)でご確認くださいますよう、ご協力お願いいたします。